サーバやセキュリティについて勉強したことがある方なら、「ポート」という言葉を聞いたことがあると思います。

ポートとは通信機器の中にある扉のようなイメージです。IPアドレスがそれぞれの通信機器に割り振られますが、ポートはその中にある一つひとつの扉のようなものです。

通信の種類によって接続するポート番号は異なります。Webサイトはココ!、メールはココ!といった感じで通信の通り道が異なるのです。

今回は、一般的に使われている代表的なポートとその番号を紹介していきます。

これを最初に覚えていきましょう。

ポートとは

インターネットなどのTCP/IPネットワークに接続されたコンピュータは、通信プロトコル(通信規約)のTCPやUDPを使用する際に、0番から65535番までの番号で識別される「ポート」と呼ばれる接続の窓口を利用します。

ウェルノウンポート

その中でも、0番~1023番までのポートは、それぞれ特定の接続やプロコトルに利用されており、一般的にもそのように認識されています。

例えば、ftpの20番21番、httpの80番、httpsの443番、DNSの53番などは有名ですね。

その他にもPOP3の110番、IMAPの143番など、SMTPの587番などは一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

もちろん、サーバ上でどのポートでサービスを起動させるかは自由であり、ウェルノウンポートを使用しなかったからと言って、サービスを起動できないことはありません。

ウェルノウンポートは、IANAという団体に管理されていて、有名なサービスは決まった番号で指定されている。

代表的なポート番号とプロコトル

代表的なポート番号を紹介します。このポート番号と対応するプロコトルについては暗記してしまいましょう。

  • TCP20:FTP(データ)
  • TCP21:FTP(制御)
  • TCP22:SSH
  • TCP23:Telnet
  • TCP25(587):SMTP
  • UDP53:DNS
  • UDP67:DHCP(サーバ)
  • UDP68:DHCP(クライアント)
  • TCP80:HTTP
  • TCP110:POP3
  • TCP123:NTP
  • TCP443:HTTPS
  • Well-Known-Port:0-1023

まずは、基本としてこの辺りの番号とウェルノウンポートについて覚えておくとよいでしょう。