今回は、Cent OSのバージョンを確認します。

大きく分けて2パターン

バージョンの確認は、大きく分けて2パターンあります。目的に応じて使い分けて下さい。

  • ファイルで確認する方法
  • lsb_releaseコマンドで確認する方法

ファイルで確認する方法

Cent OSのバージョンは、/etc/redhat-release、または、/etc/issueで確認することができます。

ただ、そのままコマンドを実行すると、[-bash: /etc/redhat-release:許可がありません]と結果が返ってきます。

そこで、ファイルの内容を表示する時に使用するコマンドとして、catコマンドを使用します。

[cat ファイル名]で指定したファイルの内容を表示することができます。

OSのバージョンが返ってきました。CentOS 7.6ですね。

lsb_releaseコマンドで確認する方法

lsb_releaseコマンドの実行でバージョンを確認していきます。

lsb_releaeseを実行すると、[$bash: lsb_release: コマンドが実行されません]と結果が返ってきます。

lsb_releaesコマンドを実行するには、redhat-lsbパッケージが必要になります。早速インストールしていきましょう。

インストールを実行するには、まずroot権限に昇格します。

インストールを実行します。

しばらく時間がかかりますが、無事完了しました。

再度、[lsb_release -a]を実行していきましょう。

確認できました。

今回はこのへんで。