CentOSサーバ上で動作するUNIXコマンドについて整理していきます。

基本的なコマンドなので、繰り返し実践して手に馴染ませていくのがよいでしょう。

基本コマンド一覧

基本的なコマンドをテーブルに記載していきます。

まずは、表を見て理解しましょう。

コマンド説明
pwd現在のディレクトリ名の表示(現在どこにいるのかを把握する)
ls -al現在のディレクトリの中のファイル/ディレクトリ一覧の表示
mkdir ディレクトリ名ディレクトリの作成
cd ディレクトリ名1ディレクトリへの移動
cd ../1つ上の(元の)ディレクトリへ移動
cdホーム(ログイン)ディレクトリへ移る
cat > ファイル名ファイルの作成
cat > ファイル名ファイルの内容を表示
more ファイル名ファイルの内容を表示(大きなファイルの場合1画面ずつ表示)
mv ファイル名1 ファイル名2ファイル名1をファイル名2に名前変更する
cp -p ファイル名1 ファイル名2ファイル名1をファイル名2にコピー
rm ファイル名ファイルの削除
rm -r ディレクトリ名ディレクトリの削除
rm -fr ディレクトリ名ディレクトリを強制的に削除
logoutログアウト

実際にコマンドを入力してみよう

ここからは実際にコマンドを入力していきます。お手元のCentOSサーバ上で動作させていきます。

まだ、インストールが済んでいない場合は、インストールを済ませておいて下さい。

pwdコマンド

pwdコマンドは、現在のディレクトリ名の表示させるコマンドになります。

ls -alコマンド

現在のディレクトリの中のファイルとディレクトリ一覧の表示がされます。

mk dir コマンド

現在のディレクトリに新しいディレクトリを作成

現在のディレクトリにディレクトリ”test1”を作成する。

“test1″を作成したら、[ls -al]でディレクトリが作成されたことを確認する。

cd コマンド

先程、作成したディレクトリ”test1″に移動します。

cat > コマンド

cat > ファイル名でファイルを作成します。※ファイル名は[file1]とし、一行目にhello、二行目にgoodmorningと表示させます。

rmコマンド

rmコマンドでファイルを削除します。先ほど作成した[file1]を削除します。

mvコマンド

mvコマンドを使用して、作成したファイル名の名前を変更してみます。

最初に、[file2]というファイルを作成します。

file2が作成されているか確認します。

file2のファイル名を変更します。

cpコマンドでファイル名をコピー

先ほど作成した、[fire1234]をコピーし[fire5678]を新たに作成します。

catコマンドでファイルの中身を表示

cat ファイル名で先ほど作成した[file1234]の中身を表示します。

こんな感じで表示されました。

more コマンドでファイル名の中身を表示

more ファイル名でファイル名の中身を表示していきます。大きな容量のファイル名の場合、1画面ずつ表示します。

今回は同じ用に表示されますが、大きいファイルの場合に見やすいので活用していきましょう。

rm -fr コマンドでファイルを強制的に削除

rm -frでファイルを削除(強制的に)していきます。

[file1234]が削除されたことを確認します。

cd コマンドでディレクトリ移動

ディレクトリを移動します、cdでホームディレクトリへの移動、cd ../で一つ上のディレクトリに移動します。

rm -fr ディレクトリ名でディレクトリ削除

ディレクトリを削除していきます。

[rm -r ディレクトリ名]でディレクトリ名を削除。[rm -fr ディレクトリ名]でディレクトリを強制的に削除します。

ls -alコマンドで ディレクトリ[test1]が削除されていることが確認できます。

最後に[logout]で終了します。

以上で基本的なUNIXコマンドの紹介を終了します。

とにかく、どんどん打ち込んで、これらの基本コマンドを覚えていきましょう。