G Suiteで「特定のアカウントには、特定のサービスを利用させない」といった、サービスへの接続権限を設定したい組織も多いと思います。

今回は、アカウントに応じて、特定のサービス(アプリ)へのアクセスを制限する方法を説明していきます。

組織部門の管理と設定

最初に「組織部門」の作成をしていきます。

各種設定は、「管理コンソール画面」から作成します。

管理コンソール>組織部門で[新しい組織部門を作成(+)]をクリックします。

組織部門の名前を入力して、[作成]をクリックします。

親組織部門の下階層に先ほど作成した、組織部門が表示されたのが確認できました。

[組織部門]の設定は一旦以上です。

ユーザの組織部門を変更する

続いて、ユーザの組織部門の設定変更を行ないます。

管理コンソール>ユーザー>ユーザアカウントの一覧が表示されます。

現在は、親組織部門に全てのユーザが含まれていますが、一部のユーザアカウントを移動させていきましょう。

組織部門の移行対象アカウントにチェックを入れて、[その他]より[組織部門の変更]をクリックします。

変更したい組織部門を選択して、[続行]をクリックします。

設定内容を確認して問題なければ[変更]をクリックします。

選択した組織部門のユーザーにチェックを入れ、先ほど作成した[管理アカウント]を選択します。

作成した、組織部門の中に、先ほど移動したユーザアカウントが入っていればOKです。

利用を制限するサービスを設定する

最後に、組織部門のユーザーに対して、利用するサービス(アプリ)を制限する設定を行っていきます。

これにより、特定の組織部門に属するユーザーアカウントでのサービスの利用が制限されます。スケジュールの共有は制限したい、メールの送受信は制限したいなどの設定が可能です。セキュリティ上の関連からも利用する必要のないサービスは使えないようにするのも選択肢の1つです。

管理コンソール>アプリで接続を制限するサービスを選択します。

今回は、カレンダーの接続を制限してみましょう。

G Suite/G Suiteのコアサービスを選択します。

[管理アカウント]を選択>カレンダーにチェック>オフをクリックします。

確認画面が出ますので、問題なければ[無効にする]をクリックします。

無効にしたカレンダーが「オフ」になっていることを確認して下さい。

実際に、カレンダーへの接続を制限した、組織部門のアカウントでログインすると、サービス一覧から「カレンダー」が消えているのが確認できます。

設定は以上になります。

サービスへのアクセス不要なアカウントには接続させない、組織部門によっては、メールのみの使用を許可するなど、組織に応じた柔軟な設定が可能ですので、G Suiteで特定のサービスへのアクセスを制限したい方は、ぜひ活用してみて下さい。

今回はこの辺で。


    G Suiteの導入やテレワークのサポートについてのご相談はこちら

    当ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。GSuite導入やテレワーク導入に関するご相談を受け付けております

    お名前*

    会社名*

    郵便番号

    住所

    メールアドレス*

    電話番号

    お問い合わせ項目

    お問い合わせ内容*