共有フォルダなどに接続する際、初回は「ユーザ名/パスワード」を入力し「資格情報を保存する」にチェックを入れて、これで次回から情報の入力を求められずに共有に入れる!

なんて思っていた矢先、何度繰り返しても、資格情報が求められてウザい。。。

そのような場合の対処法をお伝えします。

症状

症状を整理すると・・・

  • 端末がユーザ名とパスワードを記憶してくれない
  • 共有にアクセスするたびにログオン情報を求められる
ネットワーク資格情報の入力Windows10

対処法

資格情報が保存できない時の対処法は以下になります。

1 Windows資格情報の確認

コントロールパネル>資格情報マネージャー>資格情報の管理>Windows資格情報で確認できます。

資格情報の管理

その際に接続先のパソコンのユーザ名が{接続先のコンピュータ名\HomeGroupUser}になっていないでしょうか?

2 ホームグループ接続の設定変更

ユーザ名が{ComputerName}\HomeGroupUserになっていた場合は設定の変更をしましょう。

コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ホームグループ>共有の詳細設定の変更>ホームグループ接続を開きます。

ホームグループ設定の変更

共有の詳細設定の変更を開き、共有オプションを変更します。


「Windowsでホームグループ接続を管理できるようにする(推奨)」 にチェックが入っていると、再起動時にログオンユーザー名が、
{ComputerName}\HomeGroupUser に書き換えられてしまいます。

そこで、「Windowsでホームグループ接続を管理できるようにする(推奨)」にチェックが入っている場合は、「ユーザアカウントとパスワードを使用してコンピュータに接続する」にチェックを切り替えて下さい。

切り替え後の資格情報の管理ウィンドウ

ユーザ名が
{ComputerName}\HomeGroupUser となり、常設:エンタープライズとなりました。

こうすることでPCを再起動しても資格情報が書き換えられることなく、保存sなれた状態を維持できていると思います。

いかがでしたか?

結論

  1. 端末がログオン情報を保存してくれない!
  2. 資格情報を確認
  3. ユーザ名が {ComputerName}\HomeGroupUser  となっている。
  4. ホームグループ接続の詳細設定で、 「Windowsでホームグループ接続を管理できるようにする(推奨)」にチェックが入っている場合は、「ユーザアカウントとパスワードを使用してコンピュータに接続する」にチェックを切り替えてみる。

【ネットワーク構築・改善のご相談を承っております】

新規出店・移転に伴うネットワーク構築、既存ネットワークの見直し・改善、Wi-Fi機器などのリプレイス、UTM機器の導入等はサイバーブリッジ株式会社までご相談下さい。

問い合わせフォームはこちら

ご不明点や疑問点がありましたら遠慮なくお聞かせ下さい