2020年1月14日をもって、Windows7、WindowsServer2008、WindowsServer2008R2の製品サポートが終了します。

サポートが終了するとどうなる?

サポートの終了に伴い、以降は、更新プログラムの提供がされなくなります。PCをシャットダウンする際に、プログラムの更新が実行されるのを見たことがあると思いますが、”あれ”がなくなります。

更新プログラム

更新プログラムはソフトやシステムを運用する上で、非常に重要な役割を果たします。具体的には、

  • システムの不具合を改修
  • セキュリティの脆弱性を解消
  • システムのバージョンアップ

などを実行します。

中でも、「セキュリティの脆弱性の解消」については、アップデートが実行されないことにより、セキュリティホールが修正されないまま使い続けることになります。そして、時間の経過とともに、新たな脆弱性が見つかり、セキュリティ対策の弱いシステムを使用することになるのです。

特定のアプリやシステムが使えなくなる場合もある

サポートが切れた状態で、既存のシステムを使い続けるのであれば、突如使用できなくなることも理解しておきましょう。

どのシステムベンダーも「サポートが切れた状態での不具合」に対しては、不具合の原因が特定できず、保証が難しくなるでしょう。

各種システムを導入している方は、特に注意が必要です。

なるべく早めにOSのアップデートを

実際問題として、Windows7をしばらく使い続ける予定の方もいると思います。

本日でMicrosoftのサポートが切れますので、Windows7の定期アップデートは行われません。

つまり、昨年の12月のWindowsアップデートから一切更新が行われないままの状態で使用し続けることになることを、まずはきちんと理解しましょう。

サポート期限が切れて、Windowsアップデートが実行されない状態で使い続けるのは、様々なリスクが伴います。

これは、サポート終了から期間が経過すればするほどそのリスクが高まりますので、早めの移行をおすすめします。

OSの更新などについてのご相談も受け付けております。

不明点などがありましたら、問い合わせフォームよりお聞かせ下さい。