CentOSをインストールした後に取り敢えずやったことを書き出してみました。

参考にしてみて下さい。

selinuxの無効化

最初に、selinuxを無効化します。selinuxとは、Linuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっていることで、サービス自体の動作や、設定内容に制限が多く発生します。なので、基本的には無効にすることが推奨されているようです。

サーバ構築を行って、思い通りに動作しない場合は、selinuxが有効担っているケースがありますので、最初に無効化しておきましょう。

まずは状態を確認する

selinuxの状態確認(有効か無効か)はgetenforceコマンドを実行します。(通常初期設定では”有効”になっています。)

このように[Disabled]になっていれば問題ないのですが、そうでない場合は、selinuxを無効にしていきましょう。

selinuxを無効化

root権限にスイッチした後、viなどのテキストエディタでファイルを変更していきます。

まずは、configファイルをviエディタで開きます。

configファイルを開いたら、以下の箇所を修正していきます。

enforcingをdisabledに修正します。

ここでviエディタから抜け出せなくなる人が続出するようですので、保存と終了方法について説明しておきます。

viエディタの終了方法

まず最初に、[Escキー]でviエディタの状態をニュートラルな状態に戻しておきます。

終了方法

viを特に編集することなく、抜け出したい場合は、

を入力してEnter

保存しないで終了

viを保存しないで終了する場合は、

を入力してEnter

保存して終了

viを保存して終了する場合は、

を入力してEnterとなります。

viエディタから抜け出せなくなることがよくあるので、軽くでも覚えておくとよいでしょう。

入力して、再度getenforceコマンドを実行してみましょう。

結果が、[Disabled]になっていたら、selinuxの無効化は完了です。

bash-completionパッケージのインストール

パッケージは、yumでインストールしていきます。

パッケージのインストール

数秒で完了します。

正常にインストールされているかを確認していきましょう。

正常にインストールされているか確認

問題なくインストールされている場合は、コマンドの結果が以下のように返ってきます。

これで問題なくインストールが完了していることが確認できました。

今日はこのへんで。。。続きは改めて更新していきます。