YAMAHAルータのファームウェアを更新の手順について説明していきます。

今回使用する機器は、RTX1210シリーズとなります。

ファームウェアの更新は、「バグの修正」「脆弱性の更新」を目的とするものがほとんどですので、新しいファムウェアが公開された場合は、対応するようにしましょう。*ファームウェアの更新時には、configファイルのバックアップを取っておきましょう。

更新手順

ファームウェアの更新手順を一気に進めていきましょう。

ネットワーク経由でファームウェアを更新する手順

rtx1210の管理画面にログインしたら、保守>ファームウェアの更新と進みます。現在のリビジョンを確認し、ネットワーク経由でファームウェアを更新>進むをクリックします。

新しいファームウェアリビジョンの確認

更新可能なファームウェアバージョンが出てきますので、問題なければ「実行」をクリックします。

ソフトウェアライセンス契約を確認し、問題がなければ「同意する」をクリックします。

新しいファームウェアの更新がスタートします。

「ファームウェアの更新が完了しました。」と表示されたら、「TOPへ戻る」をクリックします。ルータが再起動されますので再移動完了を待ちましょう。

ファームウェアが更新されたのを確認して下さい。

ルータを狙う攻撃をファームウェア更新で予防する

ルータの脆弱性が存在すると、その脆弱性を狙われる恐れがあります。

例えば、ルータのDNS設定が書き換えられてしまった場合、そのルータ経由で接続されているPCは悪質なサイトへ誘導されてしまい、被害に遭うこともあります。

ルータもOSやソフトウェア同様に、発売後に脆弱性が発見されるケースが多々あり、その都度、修正プログラムを公開する流れが一般的です。

私たち使用者においても、設置後においても定期的なメンテナンスが必要になるのです。

導入後、一度も管理画面を開いていない方がほとんどだと思いますが、ファムウェアを確認し更新することで、問題点を修正することが可能になるのです。