セキュリティ分野でペネトレーションテストに使われるツールがまとまっているDebianベースのLinuxディストリビューションです。

VirtualBoxのシステム要件

仮想マシンのシステム要件はこちらの通りです。実環境によって多少異なりますが、参考にして下さい。

  • VirtualBox4.2以上
  • 仮想マシンのメモリ:512MB以上、ディスク:15GB程度

仮想マシンのディスク領域はそれなりに必要になりますので、余裕のある方は少し多めに確保しておくとよいでしょう。

実際に10GBで一度インストールしましたが、後日足りなくなりました。。。

Kali Linuxのダウンロード

Kali LinuxのサイトからISOファイルをダウンロードしていきます。今回は64bit版を選択します。

KaliLinuxのトップページ画面
KaliLinuxのトップページ画面

[Download] タブをクリックし、ISOファイルをダウンロードしていきます。

Downloadページ
Downloadページ(64bitを選択する)

3GB弱ありますので少し時間がかかります。雑誌でも読みながら気長に待ちましょう。

ISOファイルのダウンロード完了
ISOファイルのダウンロード完了

ダウンロードが完了しました。

仮想マシンの作成

OracleVMVirtualBoxマネージャーを開きます。

仮想マシンの作成

新規仮想マシンを作成

仮想マシンの作成でオペレーティング・システムを選択
  • 名前:KaliLinux(任意)
  • マシンフォルダを選択
  • タイプ:Linux(任意)
  • バージョン:Debian(64-bit) *これを選択 32bitの場合は32bitを選択
仮想マシンの作成でメモリサイズを設定

メモリサイズを調整します。今回は1024MBで選択

仮想マシンの作成で仮想ハードディスクを作成

「仮想ハードディスクを作成する」にチェックを入れ「次へ」をクリック

仮想マシンの作成で仮想ハードディスクのタイプのVDIを選択する

VDI(VirtualBox Disk Image)にチェックを入れ、「次へ」をクリック。

仮想マシンの作成で仮想ハードディスクのタイプのサイズのを設定

ディスクサイズを設定します。今回は20GBに設定しました。

仮想マシンの作成で仮想ハードディスクを作成

仮想ハードディスクの作成が始まります。完了したら、自動的にVirtualBoxマネージャーに戻ります。

仮想マシンが完成

仮想マシンにKaliLinuxをインストール

実際に仮想マシンにKaliLinuxをインストールしていきましょう。

インストールの準備

先ほど作成した仮想マシンをダブルクリックします。

仮想マシンにKaliLinuxをインストール

起動ハードディスクを選択します。先ほどダウンロードしたISOファイルを選択しましょう。

仮想マシンの作成で仮想ハードディスクを選択

Graphical Installを選択してEnterをクリックします。

GraphicalInstallを選択

言語を選択して、「続ける」をクリックします。

言語を選択する
国を選択
言語を選択

コンポーネントをロード中。。。しばらく待機します。

追加コンポーネントをロード中

ネットワークの設定

ホスト名を入力します。ホスト名は任意ですがここでは、[Kali]とします。

ネットワークのホスト名を作成、ここでは[Kali]とする

ネットワークドメインを設定します。ドメイン名は任意(localなど)です。

ネットワークドメインを作成

rootパスワードを設定します。

rootアカウントのパスワードを作成

ディスクのバージョニングを設定。「ガイド・ディスクを使う」を選択して、「続ける」をクリックします。

ディスクのバージョニングを選択

「続ける」をクリックします。

ディスクのバージョニングを選択2

すべてのファイルを1つのパーティションに(初心者ユーザには推奨)を選択します。

ディスクのバージョニングを選択3

「バージョニングの終了とディスクへの変更を書き込み」を選択して「続ける」をクリックします。

ディスクのバージョニングを選択4

「はい」を選択して「続ける」をクリックします。

ディスクのバージョニングを選択5

インストールの開始

インストールが始まります。

インストールの開始

ネットワークミラーの選択は、「はい」を選択して「続ける」をクリックします。

ネットワークミラーについて選択

インストールが続きます。

システムをインストール

再度のネットワークミラーの選択も、「はい」を選択して「続ける」をクリックします。

ネットワークミラーについて選択2

「HTTPプロキシの情報」は空欄にします、

HTTPプロキシの情報を入力。今回は未記入。

マスターブートレコードにGRUBブートローダをインストールしますか?を「はい」を選択し「続ける」をクリックします。

マスターブートレコードにGRUBブートローダをインストール

インストールが続きます。

インストールが完了していきます。

インストールが完了しました。

インストールが完了

先ほど作成した、rootアカウントでログインします。

rootアカウントでログイン

仮想環境にKali Linuxが設定できました!

KaliLinaxのデスクトップ画面

以上です。

これから、KaliLinuxを使って、ペネットレーションテストやら、Wi-Fiのパスワード解析やらやってみたいと思います。