Macの起動が遅い場合は、セーフモードで起動した後に再起動を実施して問題を検証してみましょう。この方法で大抵の問題は解決します。

セーフモードとは?

セーフモードとは、PC端末などを起動するための手段の一つで、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動しないように阻止します。

Macをセーフモードで起動すると、次のような処理が行われます。

  • 起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みる
  • 必要なカーネル機能拡張だけを読み込む
  • 起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止する
  • ユーザがインストールしたフォントを無効にする
  • フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュファイルを削除する

セーフモードで起動ができた場合、通常起動しない場合と比べて原因が切り分けることができます。

セーフモードでの起動方法

Macの電源を入れる際に、[Shiftキー]を同時に押します。

リンゴマークが出たら[Shiftキー]を離します。

以上で、セーフモードでの起動は完了です。

セーフモードでの起動時には、「ディスクの検証・修復」「キャッシュ消去」等を行います。

セーフモードで問題なく起動した場合は、再起動をしてみましょう。

セーフモード起動時に、「ディスクの検証・修復」ならびに「キャッシュ消去」を行っていますので、セーフモードで起動ができれば多くの場合は、問題なく通常起動が完了すると思います。

その他の検証項目として、アップデート等が未完了のプログラムがあれば更新しておきましょう。

これらの項目が未完了の場合、システム起動時において妨げになることがありますので、注意して下さい。

起動が遅い時はセーフモード起動

繰り返しになりますが、「Macの起動がスムーズにいかない、遅い」といった方は、いったんセーフモードでの起動を試して下さい。

[Shiftキーを押しながら起動]→[リンゴマーク]が出たら、Shiftキーを離します。セーフモードでの起動が完了したら、[再起動]を実行しましょう。

以上になります。